仲介手数料は交渉次第!

>

値引き交渉はとりあえず値切ってはダメ!

仲介手数料の一部は会社の利益

先ほどお話した通り、不動産会社は契約が成立するまでに様々なコストを背負っており、しかも契約が成立しなかった場合これまでかけたコストもすべて無駄になってしまいます。
契約が成立してやっと利益が生まれるのです。
なので、「契約は絶対にあなたの会社でする」といくら言っても、「その代わり仲介手数料はタダにしてね」なんて言ってしまうと担当者のモチベーションが下がってしまいます。
客と担当者間にもいい人間関係を築かなければ、お互いにとっていいように話は進みません。
まずは仲介手数料を安くしたいという要望を伝えるとともに、この物件ならいくらまでなら安くできるのかなど、相手にも考える余地のある提案をしていきましょう。

会社の乗り換えはNG

最近では仲介手数料を無料とする不動産会社も増えてきています。
そのような会社ではコスト削減に取り組むことで、仲介手数料なしでも利益がでるようにしています。
また「仲介手数料については相談に応じます」という会社もあります。
物件を購入する方からしたらうれしい事ですが、そのような不動産会社に興味があるならば初めの方に訪れることにしましょう。

例えば、仲介手数料の値引きを特にしてなさそうな不動産会社に行き、物件を紹介してもらい、試算もしてもらって、あとは契約するかどうかの返事だけという段階になって、他社の仲介手数料無料の不動産会社にいき同じ物件で契約したいというのはしてはいけないことになります。
このような場合、最悪契約ができなくなることもあります。

そうするならば、物件の問い合わせの際に何社かに試算をお願いしておいて、詳細な話をする前に不動産会社を選ぶようにしましょう。