仲介手数料は交渉次第!

>

少しでも安くしたいお買い物

不動産屋のコストには何があるの?

不動産屋は物件の売主と買主の橋渡しの役割をし、契約が成立した時にその成功報酬として仲介手数料を請求します。
契約が成立するまでに、不動産屋は様々な費用を負担しています。

例えば、不動産屋は新たな物件を扱う時に、その物件に問題がないものか調べます。
その調べる方法として謄本をとったり、物件を見に行ったりするのですが、謄本取得や交通費の費用が発生します。

また、物件はインターネットや街の不動産屋の建物に張り出されていたりしますが、たまにチラシで入っていることもありますよね。
ホームページの運営、テレビや新聞のコマーシャル、チラシの作成にはかなりの費用がかかります。

この他、小さい不動産屋が物件を持っている場合、大手不動産屋に広告を依頼することもあり、その場合掲載料がかかります。

そして、これらにさらに人件費もかかってきます。

仲介手数料の上限

仲介手数料を高いと感じてしまう要因の1つに、なぜその額になったのかが買い手であるこちら側にはわかりにくいことがあります。
不動産屋が請求できる仲介手数料には上限があり、それは法律で決まっています。
しかし、それは上限であって、請求しなくてはいけない金額ではないので、不動産屋によって、同じような金額の物件でも請求してくる金額が変わってきます。

手数料の料率は、扱う物件の値段によって変わり、高い物件ほど、手数料を高く請求できます。
例えば500万円の物件の時は21万円まで、1000万円の時は36万円まで不動産屋は請求できます。

ただ1つ疑問になるのが、物件によって不動産屋にかかるコストがそんなに差があるのかということですよね。
多少差はあるとしても、先ほどご紹介した不動産屋のコストは大体同じ額とすると、高い物件ほど不動産屋の手元に残る額は大きくなるはずです。